ブログランキングに参加しています。
毎日 1回クリック していただくと、
“無料でできる脳力アップ”に投票されます。
「応援してくださっている方がいるんだ」 と励みになります。
人気blogランキングへ
応援よろしくお願いします。m(__)m


高校・大学・資格受験に共通する受験のノウハウを知りたくないですか?
多くの合格者を輩出させたカリスマ講師が書き下ろした必殺の勉強法が、
今なら期間限定2,980円で手に入ります。
脳を最大限に利用した勉強法
超脳力らくらく勉強術 〜脳は使い方で決まる〜

ワーキングメモリーって?

『バカはなおせる』のP69から、けっこう気になる話題が取りあげられていました。

ずばり、ワーキングメモリーです。

このワーキングメモリー、頭の良し悪しを決める最重要タームとのことです。

では、ワーキングメモリーとは何ぞや?


『バカはなおせる』P69によると、こうあります。

ワーキングメモリーとは、「通常の記憶とは異なる種類の記憶で、

やり終わったら忘れていい、行動がすんだらいらなくなる、

一時的に覚えておくべき記憶」とのこと。


まあ、「会社に行くついでに、駅前のポストにハガキを出しておこう」とか、

「そろそろトイレットペーパーがなくなるから、買いに行かないと」とか、

そういう記憶らしいです。


たしかに、こういうのをやろうと思ってできないと、ショック大きいですね。

「なんてオレってダメなんだろう…」みたいに落ち込みます…。


このワーキングメモリーは、相手の話した内容を一時的に記憶したり、

トランプの神経衰弱をしたりする時に働いているとのこと。

強化するためには、神経衰弱をしたり、

単語を逆から言ってみる、(カルシウム→ムウシルカ)

などが有効とのコトです♪



※この理解が正しいかどうか不安だったので、他の本でも調べてみると、
『脳のメモ帳 ワーキングメモリ』という本でも、同様のことが書いてありました。


※また、シンゴニウムさまのブログで拝見した論文では、ワーキングメモリーについて以下のように定義しておりました。
ワーキングメモリーとは
 課題遂行に当面必要な情報を活性化状態で保持しながら、他方でそれを適宜利用して課題を処理するシステムであり、保持と処理の働きを併せ持つ。
 またワーキングメモリーは、行動やそのプランニングのための記憶であり、認知と行動の時間的統合に関わり、この意味ではいわゆる記憶以上の働きを含んでいる
(北大路書房「知的障害の心理学 発達支援からの理解」から抜粋)
この記事へのコメント
トーマスさん、こんばんは。

コメントありがとうございました!

速読や速聴好きのワタクシと致しましては、こういう内容はツボでございます(笑)。

また遊びに来ますね!
Posted by smooth@マインドマップで読書感想文 at 2006年09月10日 22:48
コメントありがとうございます。
半年ほど前に、脳の退化を実感して以来、少しずつ
脳を鍛えようと思ってこのブログを作りました。
ぼくも速読・速聴だいすきです(笑
今後ともよろしくお願いします!
Posted by トーマス@無料で脳トレ at 2006年09月11日 18:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23561527

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。